お知らせNEWS

2019.05.21 レストラン

5/21~5/26週替わりランチのお知らせ

今回のテーマは十日町、川治にあるお豆腐屋さん「大又(だいまた)食品」 さんです。
創業60年。初代大島又五郎さんが豆腐屋を始めてから、現在は2代目奥様が社長、息子さんと奥様もご一緒にやられています。
創作のがんもを週替わりで出してたり、豆乳やおからを使ったスイーツ、サイコロ生揚げなど様々な大豆食品が工場隣のお店で販売されています。

「まちのお豆腐やさん」

スタッフと話してて昔話になりました。
以前は十日町にもっとお豆腐屋さんがあったと。
みんな自分家の近所のお豆腐屋さんの味を知っていた。

こんな数字があります。

1960年 51,956軒あった豆腐屋が
2015年 7,525軒と、15%に減少してしまいました。

人の手で、職人の技で豆腐を作り、
地域で愛されていた「まちのお豆腐屋さん」は、
大手豆腐メーカーの製造ライン自動化により、低価格の市場に残れず
お店を閉めざるおえなくなっていったそうです。

そういったことを改めて考えると、
地域で、
家族とともに、
新しい大豆食品も展開したり、
イベントに出店されたりしている大又食品さんに、
「まちのお豆腐やさん」の明るい未来を感じました。

「まちのお豆腐やさん」は「まちの私たち」が応援していきたいな、って。

そんなことを考えながら今週一週間、大又食品さんの食材をご提供させていただきます。

▼今週のパスタ
『油揚げと妻有ポークのクリームスープパスタ』

大又食品さんの米粉の入ったツルンとした油揚げ。
油揚げはスポンジ。
妻有ポークの出汁や高長醸造白みそが入ったスープを油揚げが吸う吸う。
妻有ポークのローストも乗ってて贅沢はスープパスタです。

▼今週の定食
『大叉食品味わいご膳』

大叉食品さんの美味しいが沢山詰まった御膳。
豆を感じるざる豆腐はシンプルに出汁醤油で。
生揚げと妻有ポークを天神囃子酒かすと高長醸造みそとで炒めたこちらはごはんが進む。
もう一つはその日によって変わる豆腐惣菜です。

ぜひこの機会にお試しください。